Fitlize

パーソナルジム情報、ダイエット情報なら[フィットライズ]

プロテインをどう選べばいいかわからない!という人のためのおすすめプロテイン!

筋トレをするならプロテインはマストアイテムです。しかし人によっては「プロテインを飲むとゴツゴツした体になってしまいそう」、「体に悪い成分が入ってるんじゃないの?」などの誤解や「そもそも自分に合ったプロテインがわからない」という理由から、せっかく筋トレをしているのにプロテインを使わない人もいることでしょう。実はソレ、すごく勿体ないことです。

今回はプロテインっていったい何者なの?という皆さんのために詳しい説明から目的に合ったプロテインの紹介まで一挙に説明させていただきます!

トレーニング効果を最大化するためにも是非ご覧ください。

プロテインとは

そもそもプロテインとは日本語で「タンパク質」という意味です。タンパク質は筋肉を作るために必要な栄養素。筋トレをしている人なら男女問わず、体重1キロにつき1~2グラムのタンパク質を摂取しなければなりません。

もし、十分なタンパク質を摂らずに筋トレをしたらどうなるでしょう?なんと筋肉が大きくならないばかりか、場合によっては筋トレをすればするほど筋肉量が減少してしまい太りやすい体になってしまうことだってあり得ます。

というのもエネルギーが不足している状態で運動を行うと、人体は脂肪より先にエネルギーに変換しやすい筋肉を分解してしまうからなんです。
このように筋トレでダイエットをする際は筋肉を落とさないよう十分なタンパク質を日頃から摂取する必要があります。でも「十分なタンパク質の摂取」というのが非常に難しいのです。

タンパク質の多い食べ物として評判のササミを例に考えてみましょう。ササミ一本に含まれるたんぱく質はたったの10グラムほど。もし体重70キロの人が筋トレをする場合7~14本のササミを毎日食べなければいけません。

よほど鶏肉が好きという方なら問題ないかもしれませんが、普通の人にとっては難しいですよね。それに毎日それだけのササミを買うとなると食費も馬鹿になりません。

しかしプロテインを使うならタンパク質の摂取は非常に簡単になります。成人男性が普通の食事で摂取するタンパク質量が60グラムほどと言われていますので一日に20~70グラムのプロテインを飲めばいいのです。

一回の利用につき30グラムと仮定すると一日2~3回の摂取で十分必要なタンパク質を賄うことができます。水やミルクで溶かして飲めるので簡単に摂取することができますしお財布にも優しいです。

仮に1キロ3000円のプロテインなら一か月あたりのコストは6000円程度で済みます。ササミ6本1パックで特売価格300円と考えても、プロテインの方がコストパフォーマンスがいいことがわかりますよね。

つまり、プロテインはお財布にも筋肉にも優しいサプリメントなのです。



プロテインの種類

そんなプロテインですがいくつか種類があります。ここでは代表的なものを3つ紹介します。

ホエイプロテイン

ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

一番ポピュラーなのはホエイプロテインというものです。ホエイとは日本語で「乳清」と言います。

電子レンジでホットミルクを作ったとき、ミルクの表面に薄い膜のようなものができますがそれがホエイです。ホエイプロテインは筋肉に吸収されやすく、トレーニング後などすぐにタンパク質を取り込みたいときに便利です。

増量減量ともに使いやすいものの、牛乳を飲むとお腹が緩くなるひとだと下痢をしてしまうのが欠点です。

カゼイプロテイン

【ナチュラルヘルシースタンダード】【4点セット】ミネラルコンブチャパウダー200g×3袋 & オリジナルロゴシェイカー付き

次にカゼインプロテイン。原料はホエイと同じく牛乳ですが、吸収されやすいホエイに対して、カゼインは比較的ゆっくり吸収されるという特徴があります。

就寝前に飲むことで血中のアミノ酸濃度を一定に保つことができ、筋肉の分解を長時間にわたって防ぐことができます。

ソイプロテイン

ザバス ソイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

ホエイやカゼインと違いこちらの原料は「大豆」。ちょうど黄粉のように大豆を粉末化して水に溶けやすくしたものです。

ホエイよりもタンパク質1グラムあたりのカロリーが低いため減量中には非常に有効なプロテインです。

また、ソイプロテインを摂取することで筋持久力をアップすることができるため、市民ランナーの方など瞬発力より持久力がほしい方はソイプロテインを選んだ方がいいでしょう。

プロテインの効果的な飲み方

プロテインを飲むときにも飲むタイミングや回数などいくつか注意しておきたいポイントがあります。これらのポイントを踏まえてプロテインを摂取することでより効果的にタンパク質を摂取できるので是非参考にしてくださいね。

水や牛乳に溶かして飲む

プロテインを飲む際に何で溶かすかというのは実は気を使った方がいいポイント。

一般的なプロテインのパッケージには牛乳や水に溶かして飲むようにとの記載がある場合が多いです。牛乳で溶かすことでタンパク質の他にカルシウムなどの栄養素も取ることができますがどうしてもハイカロリーになってしまったり、容器に臭いが残ってしまうなどのデメリットもあります。

体重を増やしたいときは牛乳、減量したいときは水といった具合に使い分けましょう。

また、変わり種ですがフルーツジュースで溶かすのもおすすめです。フルーツにはビタミンCが多く含まれており、抵抗力が下がった筋トレ後の体のケアにもつながります。ただ、こちらもカロリーが高くなってしまうため、減量時は控えた方が無難です。

飲むタイミング

ボディビルダーになる場合は一日に6回プロテインを飲むと言った具合に回数は人によって異なりますが、飲むタイミングは大きく分けて3つです。

まず筋トレ後。このタイミングでは酷使された筋肉が一番栄養素を必要とするタイミングです。可能ならばトレーニング終了後30分以内にプロテインを飲むことでその後の筋肉の成長がおおきくかわります。

次に就寝前も飲んでください。人間が寝るとき、体内では成長ホルモンが分泌され、筋肉が成長します。この時間帯は「ゴールデンタイム」と言われており、ここでプロテインを取ることで筋肉がより大きくなるのでベッドに入る前にはお酒ではなくプロテインを飲みましょう。

最後に起床後です。就寝中も人間はエネルギーを消費しており起床後は体が半分飢餓状態になっています。朝食のことを英語で「Breakfast」と呼びますが、これは「断食をやめる」という意味。それだけ朝起きたタイミングでは体内のエネルギーが枯渇しているのです。

エネルギーが不足すると、皆さん先ほどの説明でご存知ですよね?体内の筋肉を分解してしまいます。そうならないためにも目覚めの一杯をプロテインにしましょう。

飲む量

人間が一食で摂取できるタンパク質の量には上限があり、それ以上一度に飲んでも吸収されません。一日に必要なタンパク質が120グラムだからと一気に飲んでも意味がないのです。一般的な成人の場合一度に摂取するタンパク質の推奨値はおよそ30から40グラムほどなので各タイミングで多くても40グラム程度の摂取に抑えましょう。

プロテインの選び方

これまでプロテインの概要や使い方について説明してきましたが、それだけではどんなものを選べばいいのかわかりませんよね?
プロテインを選ぶ際のポイントは大きく3つあります。

目的に合ったプロテインを選ぶ

減量の場合はソイプロテイン。筋肉をつけて体を大きくしたい人は糖質が多く含まれたホエイプロテインといった具合に様々です。また、行っているスポーツ種目によっても変わりますので、自分がどういう体になりたいのか、目的を考えてそれに一番合ったものを選びましょう。

価格

毎日飲み続けるものなので価格は一円でも安い方がいいですよね?高いプロテインの場合タンパク質の他にBCAAやビタミンBなどの栄養素が含まれているものもありますが、安い商品と比べると値段が1.5倍以上になる時も。最近では国産のものでも1キロ3000円を切っている商品もありますのでスポーツ用品店やドラッグストアで各メーカーのプロテインを比較してみてください。

自分好みの味

最後はやっぱり味も大事。毎日飲むものだからこそ、飽きたり嫌気がさしたりしないよう自分の気に入った味を選ぶことが大切です。最近では各メーカーがさまざまな味のプロテインを開発しており、自分の好みに合ったプロテインを選ぶことができます。お試しサイズを販売している場合もあるので一度試してみましょう。

おすすめプロテイン

それでは皆さんお待ちかね。おすすめのプロテイン4選を紹介します。コスパのいいものや初心者向け、性別に合ったものなどを紹介していますのでマイプロテイン選びの参考にどうぞ。

①国産メーカーだから安心!ザバスシリーズ

明治乳業から発売されているザバスプロテイン。アスリートご用達からダイエットを始めた人向けのプロテインまで多種多様なラインナップが特徴です。中でも一押しはザバスアクアシリーズ。従来のプロテインと違い、グレープフルーツ味やオレンジ味など運動後でもすっきり飲めるのがおすすめポイント。また、疲れた体にうれしいクエン酸を配合しているので筋トレ後の疲労回復にも有効です。こちらはプロテインに飲みなれてない初心者の方でもとっつきやすいので是非試してみてください!

②国内でコスパ最強!ビーレジェンドプロテイン

こちらのプロテインの特徴は何といってもそのコスパの高さ!一般的なプロテインの価格相場が1キロ3500円から4000円ほどなのに対してビーレジェンドのホエイプロテインは一番安いすっきりミルク味で3000円を切る安さです。味もチョコ、リンゴ、バナナなど2017年3月時点で7種類の味が販売されています。体格が大きくてプロテインを摂取する量が比較的多い男性の方にはぜひおすすめしたい商品です。

③女性ならDNSWomanホエイフィットプロテインで内側からキレイに!

女性の方におすすめしたいのがこのプロテイン。タンパク質の他にレモン約4個分のビタミンCとプルーン100個分の鉄分を配合しているため、お肌にお悩みの女性にとっても嬉しい商品です。DNSのプロテインは他のシリーズと同様、味のバリエーションも多いのがいいところ。スイーツ好きな女性にはたまらないイチゴ味やショコラ風味などおいしく飲める商品を取り揃えています。パッケージも薄いピンク色で従来のプロテインというイメージではないので購入するときも恥ずかしくありません。

④海外製も試してみる?オプチマムゴールドスタンダードでデカくなろう!

筋トレの本場といえばアメリカ合衆国。それだけあってプロテインも多く生産されており、コスパも良いものが多いです。なかでもおすすめなのがオプチマム・ニュートリション社が発売しているゴールドスタンダートプロテイン。数ある海外プロテインの中でもタンパク質含有量が90%ほどなので効率的にタンパク質を取ることが可能です。味はチョコレート味やバナナ味などがありますが、海外製のプロテインに言えることとして人によっては「甘すぎる」と感じる方もいます。また、海外製プロテインを買うときは、購入する並行輸入業者によって値段が大きく変わりますので複数のサイトで見積もりをしましょう。

効果的にプロテインを飲もう!

このようにプロテインと言っても目的や用途に応じてさまざまなものがあります。ただし、どの商品にも共通して言えるのは飲むタイミングや適切な量。この記事を参考にしてプロテインをたくさん飲んで男性の方はマッチョに、女性の方はナイスバディになりましょう!

パーソナルトレーニングジムでより効果的に痩せる!

パーソナルトレーニングジムなら、専属で指導にあたってくれるのでより成果が期待できます。ちょっと費用が、、、時間が、、、と悩む人もまずはお近くのパーソナルトレーニングジムを探して、無料カウンセリングで相談してみることをおすすめします!

パーソナルジムを探す

酵素ドリンクがあなたのダイエットをサポート!

ダイエットの成功にはバランスの良い食事と運動が必要ですが、酵素ドリンクを習慣化することでよりダイエット効果を高めることが期待できます。
ピュアネス酵素なら、空腹感を抑えたり代謝を上げる効果が期待できる上に、酵素ドリンクにはめずらしい程の飲みやすさです。



217種類の野菜から抽出した植物発酵エキスを配合!
「楽天市場」総合1位・ダイエットランキング部門1位など6冠獲得!
「力強さ」と「繊細さ」を黄金比でブレンドした2つの酵素!
徹底的に追及した味へのこだわり!
代謝に欠かせない補酵素を配合!
空腹感を補う味と配合成分!
肌質を作り出すコラーゲン配合!

パーソナルトレーニングジムを探す

【新宿のパーソナルトレーニングジム徹底比較!】女性専用・返金保証・安いジムがわかる!

【表参道のパーソナルトレーニングジム徹底比較!】女性専用・返金保証・安いジム

【六本木のパーソナルトレーニングジム徹底比較!】女性専用・返金保証・安いジムがわかる!

【渋谷のパーソナルトレーニングジム徹底比較!】女性専用・返金保証・安いジムがわかる!

【品川のパーソナルトレーニングジム徹底比較!】女性専用・返金保証・安いジムがわかる!

【恵比寿のパーソナルトレーニングジム徹底比較!】女性専用・返金保証・安いジムがわかる!

【町田のパーソナルトレーニングジム徹底比較!】女性専用・返金保証・安いジムがわかる!

【上野のパーソナルトレーニングジム徹底比較!】女性専用・返金保証・安いジムがわかる!

【札幌のパーソナルトレーニングジム徹底比較!】女性専用・返金保証・安いジムがわかる!

【池袋のパーソナルトレーニングジム徹底比較!】女性専用・返金保証・安いジムがわかる!

【大宮のパーソナルトレーニングジム徹底比較!】女性専用・返金保証・安いジムがわかる!

【秋葉原のパーソナルトレーニングジム徹底比較!】女性専用・返金保証・安いジムがわかる!