Fitlize

パーソナルジム情報、ダイエット情報なら[フィットライズ]

ダイエットには辛いものが効果的?キムチダイエットの効果と方法

代謝を良くすると痩せやすい体質になる、ということはダイエットにおいて常識です。

代謝を良くするためには様々な方法がありますが、辛いものを食べるということを思いつく人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はあの女優の深田恭子さんも実践した辛いものの食べ物の代表格であるキムチを使ったダイエット方法について説明していきます。

キムチダイエットとは?

キムチを加えるダイエット

キムチダイエットとはその名のとおり、毎日キムチを食べるだけのダイエット方法になります。

朝食などを置き換える必要はなく、いつもの食事にプラスキムチ、という感覚でOKです。食べ方はそのままでもいいですし、キムチチャーハンやキムチチゲといったように調理してもかまいません。

なお、摂取するキムチの種類に制限はありません。食べ飽きないという意味でもいろいろなキムチを食べるようにしたほうが長く続きます。

キムチ1人前のカロリーは50kcal前後

ダイエットで気になるキムチのカロリーですが、ベースが野菜ということもありキムチ1人前(100g)で40kcal~50kcal程です。食べ過ぎてもカロリー的には問題ありませんが、唐辛子や塩分過多による胃の負担等が大きいので摂取量には注意しましょう。

「オキアミ」がポイント

市販キムチの中には「オキアミ」と呼ばれる小さなエビが入っているものがあります。このオキアミには脂肪燃焼効果を助ける働きの栄養素が入っていると言われており、キムチと同時に取るとダイエット効果が高いとされています。

市販キムチを選ぶ際は、オキアミが含まれているキムチを選ぶようにしましょう。なお、市販のキムチを外から見てもオキアミが含まれているかどうかはわからないと思いますので、ラベルに書かれている成分表の中にオキアミが含まれているかどうかで確認するといいでしょう。



キムチの栄養は?

ビタミンB1が豊富

キムチにはビタミンが多く含まれています。特にビタミンB1が豊富です。

ビタミンB1は豚肉に多く含まれている栄養素で、炭水化物である糖質をエネルギーに変換する働きがあるため、疲労回復の効果があると言われています。

通常、キムチとご飯を同時に食べることが多いと思いますが、ご飯から摂取した炭水化物をキムチのビタミンB1で素早くエネルギーに変換できる、という理に適ったパートナーと言えるでしょう。

1g中には5億6千万個の乳酸菌

キムチは発酵食品であることから、乳酸菌が多く含まれています。乳酸菌を多く含んでいる食材と言えばヨーグルトですが、ヨーグルトは1ml(約1g程度)あたり最低1,000万個に対し、キムチ1gでは5億6,000万個の乳酸菌が含まれています。

あまりイメージが無いかもしれませんが、キムチは乳酸菌が豊富な食材となっています。

キムチダイエットの効果

乳酸菌で便秘解消

乳酸菌と言えば、腸内環境を整えてくれることで便秘解消につながることは広く知られていますが、キムチに含まれている乳酸菌は数が多いことに加えて胃酸に強い乳酸菌のため腸内に届きやすいという特徴があります。

乳酸菌が生きたまま腸内に届けば腸内環境を整えてくれる善玉菌をより効率良く増やすことができるでしょう。

カプサイシンで脂肪燃焼

キムチの辛みの元である唐辛子の中にはカプサイシンが多く含まれています。

カプサイシンは、中枢神経を刺激してホルモンの分泌を促進させ、代謝を良くさせる働きのほか、脂肪燃料リパーゼという酵素の働きを促す効果もあるので、これにより脂肪燃焼効果も高いと言われています。

血糖値の上昇を緩やかに

キムチには血糖値の上昇を緩やかにすると言われています。血糖値が高い状態になると脂肪を溜め込みやすくなるので、ダイエットにおいては血糖値をなるべく低い状態を維持したほうが良いです。ご飯といった糖質の高いものを食べると血糖値が上がりやすいですが、キムチをあわせることで急激な血糖値の上昇を避けることが可能です。

食物繊維が豊富

キムチには白菜が多く使われています。白菜には食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は、腸内環境を良くする働きがあるので便秘解消のほか、消化をゆっくりさせる効果も期待できます。

手軽にカロリーカット!

キムチのカロリーは100gで50kcal前後と低カロリーとなっています。

もし、お肉やお魚を使用しているようなご飯のおかずをキムチに置き換えられればかなりのカロリーカットにつながります。手っ取り早くカロリーカットをしたいのであれば主菜をキムチに置き換えると言うのが有効です。

キムチダイエットの方法

キムチダイエットは毎日(できれば毎食)キムチを食べるだけという手軽な方法です。いくつかの食べ方を紹介していきます。

そのままで

基本的には手間的な意味もこめてそのまま食べるのがいいでしょう。

キムチに含まれている乳酸菌は熱に弱いという特徴があります。そのため、キムチを調理すると乳酸菌は死滅してしまいます。(※死滅した乳酸菌は悪玉菌を排出し、善玉菌を増やす肥やしとなる働きをしてくれますので、腸内環境改善には死滅した乳酸菌でも効果があります。)

しかし、生きた乳酸菌は直接善玉菌を増やす働きをするので腸内環境改善には生きたまま取り込むほうがより効果が高いのではないかと言われています。より効率良くと言う意味であるならば、なるべくそのまま食べたほうがベターでしょう。

キムチ炒飯

キムチの辛みが苦手な人はキムチ炒飯にするといいでしょう。炒飯に含まれる卵が辛味をまろやかにしてくれるので、辛味が苦手な人でも比較的大丈夫です。また、ご飯とキムチは疲労回復的な意味では相性抜群なのでダイエット中以外でもに疲れを感じたときなどはおすすめです。

納豆キムチ

深田恭子さんがダイエットに成功した方法がこの納豆キムチを毎日食べた方法です。基本的に混ぜるだけなので準備の手間が少ないのがうれしいところです。

より効果的にダイエット効果を引き出すのであれば納豆とキムチを混ぜた状態で一晩置くと良いでしょう。

納豆菌によってキムチの乳酸菌が増加するので、乳酸菌の効果である腸内環境の改善がより期待できます。もちろん、一晩置くような時間が無いときはそのまま食べても問題ありません。

豆腐キムチ

チゲ鍋に代表されるように、豆腐とキムチの相性も良いです。豆腐にはキムチには無いたんぱく質が豊富に含まれており、中性脂肪を燃焼させる効果を持つ大豆サポニンをはじめとしたダイエットにはうれしい栄養素が多く含まれています。冷奴の上にキムチであれば、そのまま食べられるので手間がかかりません。

ただし食べ過ぎに注意

キムチには塩分と辛み成分が多く含まれています。これらは胃腸の刺激が強いほか、食欲増進効果、むくみなどの原因にもつながります。特に、食欲増進効果はダイエットにおいては非常に危険な効果であると言えるでしょう。いくら脂肪燃焼効果が高い、血糖値の上昇を緩やかにするとはいえ、過剰にカロリーを摂取してしまっては元も子もありません。適切な量を食べることが大切です。

キムチダイエットの口コミは?

適量のキムチで健康ダイエット!

キムチを毎食取ることで、代謝アップ、腸内環境改善、中性脂肪燃焼とダイエットに有効な効果が期待できます。ただ、塩分や辛みによってダイエット的にはデメリットになる働きも多く存在するのでキムチダイエットを行う際は、摂取量に注意するようにしましょう

パーソナルトレーニングジムでより効果的に痩せる!

パーソナルトレーニングジムなら、専属で指導にあたってくれるのでより成果が期待できます。ちょっと費用が、、、時間が、、、と悩む人もまずはお近くのパーソナルトレーニングジムを探して、無料カウンセリングで相談してみることをおすすめします!

パーソナルジムを探す

酵素ドリンクがあなたのダイエットをサポート!

ダイエットの成功にはバランスの良い食事と運動が必要ですが、酵素ドリンクを習慣化することでよりダイエット効果を高めることが期待できます。
ピュアネス酵素なら、空腹感を抑えたり代謝を上げる効果が期待できる上に、酵素ドリンクにはめずらしい程の飲みやすさです。



217種類の野菜から抽出した植物発酵エキスを配合!
「楽天市場」総合1位・ダイエットランキング部門1位など6冠獲得!
「力強さ」と「繊細さ」を黄金比でブレンドした2つの酵素!
徹底的に追及した味へのこだわり!
代謝に欠かせない補酵素を配合!
空腹感を補う味と配合成分!
肌質を作り出すコラーゲン配合!