Fitlize

パーソナルジム情報、ダイエット情報なら[フィットライズ]

デトックス効果もある野菜スープダイエットでヘルシーに痩せよう!





野菜スープダイエット
「ダイエットはしたい、でも食事制限はイヤ」というわがままな希望を持っているのが、体重やスタイルに悩む人たちの偽らざる共通の気持ちですよね。

食べても太りにくく、むしろ痩せる効果が期待できるのが野菜スープダイエットです。これであれば、お腹いっぱいになるまでスープを飲んでも、太るどころか、どんどんと脂肪を燃やしてくれ、あっという間に痩せてしまうのです。

それでいて身体にも精神も負担はほとんどかかりません。

ぜひ、以下の説明を読んで、スープダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか?

野菜スープダイエットとは?

そもそも「野菜スープダイエット」とはどういうダイエット法なのでしょうか?

1週間スープをメインに食べるダイエット

簡単に言うと、1週間の食事を、野菜を煮込んだスープをメインにして、それで満腹感を得て摂取するカロリーを抑えながら、その一方で、野菜のビタミン、ミネラル、食物繊維をとって健康的に脂肪を燃焼させて、痩せていくというダイエット法で「7日間スープダイエット」とも言ったりします。

このダイエット法が有名になったのは、ご存知の人もいるでしょうが、タレントのスザンヌさんが、「人生が変わる1分間の深イイ話」(2012年5月7日放送)でこのダイエット法を紹介し、自分もその方法で短期間で7kg痩せた、ということを告白したことからです。2chでも随分と評判になりました。

ブログにもそのことについて、レシピと一緒に書かれているので、ご覧ください
→http://ameblo.jp/suzanneblog/entry-11246321441.html

栄養バランスをとりながら行える

普通の人が何度もダイエットに挑戦しては失敗する理由の最大の理由である「無理な食事制限」をしなくてもいいのが野菜スープダイエットの魅力です。

たとえば、炭水化物カットのダイエットをすると、空腹には仮に耐えられたとしても、一緒にビタミン類や食物繊維も不足してしまい、ビタミンが不足すれば、糖質や脂質の代謝がスムーズに行われず、せっかく節食しても痩せにくなってしまうのです。

また、身体にとって大切な必要な栄養素が不足すると、肌荒れや便秘といった体の不調につながります。

そういうダイエットの問題点を解決したのが、野菜スープダイエットなのです。

具だくさんの野菜で野菜スープを作る

方法は、大きめにきった数種類の野菜を煮た具たくさんスープを食事の最初に食べるだけです。

野菜を大きめに切れば、スープを飲むと同時に、具を食べることになりますので、ゆっくりとよく噛んで食べれば満腹中枢が刺激されて、十分な満足感を得られてつらくありません。

また、野菜は加熱することで量が減りますので、たくさん食べられ、それによって食物繊維もたっぷりととれるので、便秘解消によるダイエット効果も期待できます。

実は「スープダイエット」には、もう一つ「脂肪燃焼スープダイエット」というものがあり、これは外科の手術前に食べて、身体のの脂肪を落とし手術の身体に対する負担を落とすためで、もちろん効果もありますが、その分かなりの制約があって、続けるには精神力が必要です。

その点、野菜スープダイエットは、制約が少ないので、ストレスも無理もなく続けることができ、その結果、ダイエット効果が上がるのです。

野菜スープは低カロリー&満腹感あり

野菜スープにはたっぷりと野菜を入れることが重要ですが、たとえばそこに、キャベツを100g入れたとしても、カロリーは23kcal、スープに200gくらい使ったとしても46kcalと大変な低カロリーです。

ほかの野菜でも、玉ねぎは1個(約177g)に対し65kcalしかカロリーがありませんし、100gだとこれが37kcalです。

にんじんも1本(約146g)には54kcalのカロリーで100gだと37kcalです。

野菜スープの凄さはこのカロリーの低さであり、それでいてたくさん野菜を食べて満腹中枢を刺激して満腹感を十分に得られる、というところなのです。

数種類の野菜を入れよう

今書いたように、野菜スープダイエットのスープには、必ず野菜を大きめに切って入れるのがポイントです。それも1種類ではなく、数種類入れましょう。

たとえば入れるのに適している野菜は以下の通りです。

キャベツ

ビタミンCの含有量がトップクラスなのでぜひ入れましょう。煮て食べると、活性酸素を除去する力が生食の5倍にもなるためスープにすればよりパワーアップする食材です。

玉ねぎ

血液をサラサラにし、代謝アップの働きがあるので、デトックス効果とダイエット効果の2つが期待できます。

セロリ

ビタミンや食物繊維は当然ですが、身体に不足しがちなカリウム、カルシウムなどのミネラルもたくさん入っています。野菜スープは過熱するので、どうしてもミネラルが不足しがち。ですので、セロリは必須食材としてください。

トマト

抗酸化作用の高いリコピンやビタミンがたっぷり。美容にもいい食材です。

ニンジン

抗酸化作用のあるカロチンがしっかり入っていて、加えて、体をあたためる働きもあるので、代謝アップにもつながります。

スープリーズを使えば野菜を入れて放置すればスープができる!

忙しい朝でもすばやく暖かい野菜スープを作ることができます!ざっくりとカットした野菜とスープの素、水をジャーに入れたらあとは30分待つだけ!
野菜スープだけでなく幅広いレシピに対応しています。

 

詳しくはこちら




野菜スープダイエットの効果

ビタミンや酵素で便秘解消

今書いたように野菜スープダイエットにはスープの中に野菜をたっぷり入れるのがポイントです。それによって、満腹にもなりますが、同時に不足しがちな食物繊維もしっかりとる事ができます。食物繊維をたっぷりとれることで、便秘が解消し、同時に腸の動きが活発化して代謝も上がり、痩せやすい体質になることができます。

デトックス効果

また特に、玉ねぎとトマトを入れることで、その解毒効果が発揮され、デトックス効果も期待できます。

玉ねぎには、解毒酵素の働きを助ける硫黄化合物や、腸内の環境を整えるオリゴ糖を含んでいますし、トマトには肝機能をアップさせる、グルタチオンや利尿作用のあるカリウムが豊富です。

これらの働きで老廃物が身体の外に排出されることが促進されデトックス効果が得られるのです。

痩せやすいからだづくり

また、野菜スープダイエットは基本的に食事の最初に温かいスープを飲みますが、これによって体温があがり、基礎代謝がアップし、痩せやすい身体づくりに一役買ってくれます。

体温が1℃下がることで基礎代謝量が12%低下する(※)というデータもあるくらいなので、体温を高めるということは基礎代謝をアップさせるうえで非常に大切なのです。
(※参照元:https://service.smt.docomo.ne.jp/r4d/web/noauth/blog/160421.html)

7日間野菜スープダイエットの方法

それでは、この野菜スープダイエットを7日間で行う場合の方法について説明します。

野菜スープを3食必ず飲む
まず、野菜スープは朝昼晩の3食の、食事の最初に必ず飲みます。飲むスープの量は自由です。

食事の最初に野菜スープを飲むことで、満足感が得られ、主食やおかずの量を減らて、カロリーを大幅に落とすことができるのです。

1~2日目は果物、徐々にタンパク質を一緒に
「脂肪燃焼ダイエット」のように、毎日食べるものが厳格に決まっているわけではありませんが、野菜スープダイエットをの効果をより上げるための、7日間の大体のメニューはあります。

まず、1日目は野菜スープとフルーツを中心に食べます。ただし、バナナは糖質が多いのでやめましょう。それ以外のフルーツは何を食べても大丈夫です。また水分は水か100%果汁のジュースでとってください。

2日目は、野菜スープと野菜を食べる日です。油さえ使わなければ野菜の調理法は自由です。糖質のあるイモ類などでも大丈夫です。

このようなメニューを3日目、4日目と続けた後、5日目は、野菜スープを肉と一緒に食べます。徐々にタンパク質を食べるようにするわけです。豚肉、皮なしの鶏肉、煮魚、牛肉などであれば、たくさん食べても、たとえば350g~700g食べても大丈夫です。

6日目、7日目も同様のメニューです。

朝食:野菜スープのみ

また朝昼晩の3食をどのようにしていったらよいのかについても説明します。

まず朝食では、野菜・乳製品・果物などを中心に、動物性の脂肪やたんぱく質はできるだけ取らないようにして、1日で不足がちなミネラル分をしっかりととりましょう。

昼食:茹で野菜、牛乳など

昼は仕事や家事や育児でエネルギーを消費するので、そのエネルギーのもとになる糖質をとることが必要です。根菜や茹で野菜、そして牛乳などの脂肪分、ご飯やパンなどの炭水化物をとりましょう。

夕食:根菜や野菜、肉類など

野菜スープダイエットの一番の欠点は、スープが味気ない、美味しくない、代わり映えしない、ということによって続かないというものです。確かに、野菜だけのだしではグルタミン酸が十分に出ないので、うまみは少ないかもしれません。

そういう欠点を補うためにも、夕食には、カロリーが上がって効果は多少下がってしまいますが、スープに肉を入れましょう。

これによって野菜スープがおいしくなれば、それを励みにダイエットが続けられるので、結果的には野菜スープダイエットの成功率が高まるはずです。

また3食ともスープにするのはつらいという人であれば、夕食の前だけに野菜スープを飲む夜スープダイエットにしてもOKです。

ただしリバウンドに注意

野菜スープダイエットに限らす、リバウンドには注意が必要です。

リバウンドが起こる原因は2つあります。

1つはカロリーを減らすために、タンパク質の摂取量が減り、その結果筋肉量も減ってしまい、カロリーを燃焼できない太りやすい身体になってしまう、という点です。

そしてもう1つは、厳しく節制すると、その精神的、肉体的なストレスによって脳疲労が起こり、その影響で過食を引き起こしてしまうことがあるという点です。

そうならないためにも、ある程度自分に「甘く」しながら、ストレスをかけないで続けることが、野菜スープダイエット成功の秘訣です。

アルコールは避けた方がベター

ただし、アルコールはこの期間は避けましょう。アルコールをとると、糖質が増え、脂肪燃焼してもその分残ってしまい、太る原因になります。もしも飲むのであれば、飲酒の間は24時間以上空けることが最低条件です。

バターや油脂は極力避ける

また、脂質も極力取らないほうがいいでしょう。特に、肉や魚の脂身や皮、あるいはバターなどの動物性の脂質はできる限り取り除いてください。ただし、過剰にとってはだめですが、脂質も糖質も身体が活動するために必要なエネルギーではあります。ですので、不足するのもよくないことなので、適度に控える程度にしておくことも重要です。

野菜スープダイエットの注意点

このような野菜ス―ダイエットですが、実践するうえで注意する点もあります。

貧血に注意

まず1つは、女性に生理によって、鉄分を毎月失っていく、ということがあります。ですので、ダイエットによって十分な鉄分がとれないと貧血になってしまいます。

これを避けるためには、鉄分を十分にとることが大切ですが、特に肉や魚の中に存在する鉄分(ヘム鉄)は、牛乳や卵、野菜などの赤に存在する非ヘム鉄よりも吸収されやすいので、鉄分を効果的に吸収するには、肉や魚を食べることです。

また、ヘム鉄はビタミンと一緒にとったほうが吸収率が上がるので、ビタミンを含む野菜や果物も一緒に食べましょう。

お肉の日はしっかり食べよう

リバウンドを避けるためには、タンパク質をしっかりとって、筋肉量をお落とさないことも重要です。

そのためには、肉を食べる日には、意識的に、特に赤身の肉を多めに食べましょう。赤身の肉には100gあたり約20gのタンパク質が含まれていますので、タンパク質の摂取としては理想的です。



野菜スープダイエットの口コミは?

以上、野菜ス―プダイエットですが、スザンヌさんの発言以降、挑戦する人が増え、したがって成功している人も多くいるので、その口コミを紹介します。ただ、いい話ばかりですと、信憑性がないので、失敗例もご紹介します。

<成功例>

●思った以上の効果あり 女性 30代 まるがお0620
生理前に1週間、生理中休み、生理後にまた1週間、計2クールしました。3週間後経ちますがリバウンドはしていません。4.3キロ減りました。
1クール目は基本ルールを厳密に守りました。2日目、3日目に頭痛が来ました。(もともと頭痛持ち)一番辛かったのはこの1クール目の2、3日目です。5、6日目にお肉を食べる日は、ちょっと肉を食べきれなかったため、大好きな豆に一部変えました。
1クール目は、生理前のせいか2キロしか減らなかったし、体のサイズに大きな変化はありませんでしたが、2クール目(けっこうゆるめにやりました)、体脂肪、サイズもがくんと落ちました。特に、今まで何をやっても減らなかった下半身。しかし一番変わったのは、体重よりも、間食などの欲求が無くなったことかもしれません。
思うに、重要なのは1週間やりきったあとの食事です。ここで食べ過ぎたらおそらくリバウンドしますので、1週間が終わってから、少なくとも3日ほどは、控えめな食事を心がけた方がいいと思います。

●しっかりルールを守れば痩せます! 女性 30代 coomo

今で、2週間ほど脂肪燃焼スープを続けています。
始めの1週間は、マイナス3.2kg。
次の1週間は、マイナス1.2kg。合計4.4kg減量しました。(二回目は緩くルールに従いました。)
スープは好きなだけ食べて良いので、ひもじさはないです。ただ個人的には2日目の野菜の日が辛かったです。
食生活そのものも改善出来るので、1度試しても悪くはないと思いますよ。

<失敗例>

●もうしません。 女性 50代 チワコ3
今日で6日目です。
忠実に守っておりますが、今日でやっと1.6㌔減。
不味いスープを毎日飲み続け、
好きなものも我慢して食べず、
ストレス大でその方が身体に悪いと思いました。
明日までは実行しますが、もうしません。
脂肪燃焼スープは食べたら食べるだけ痩せる~と
ありますがそれはデタラメであると確証しました。
不味いのを我慢して沢山食べたら次の日、
しっかり1㌔増になっていましたから。
一番のダイエット効果たるものは、
夕食をかなり控えめに食べる事です。
例えばリンゴだけとか。
脂肪燃焼スープを沢山食べると必ず体重は増えます。
皆さん、くれぐれもご注意を!

●デトックス効果あり 女性 30代 WITCHBABY
続ければ効果は出ますが、飽きます…。
味を変えても、飽きます…
ストイックにやりすぎたのかもですが、何度か試してますが、デトックス効果が凄いのか、必ず頭痛が起きたりするので注意が必要かも。
回復食期間もきちんとやれば効果はあるはずですが、たいてい元に戻っちゃいます。

引用元:http://club.panasonic.jp/blogs/diet-way/meal/mg323.html

まとめ

ストレスが少なく、簡単で続けやすい野菜スープダイエットですが、ただ守ったほうがいい数少ないルールもいくつかあります。とはいえ、ほかのダイエットに比べれば、それも随分と少ないはず。

ぜひ、この野菜スープダイエットを実践して、あなたもスザンヌさんのようにマイナス7kgを目指しましょう!

パーソナルトレーニングジムでより効果的に痩せる!

パーソナルトレーニングジムなら、専属で指導にあたってくれるのでより成果が期待できます。ちょっと費用が、、、時間が、、、と悩む人もまずはお近くのパーソナルトレーニングジムを探して、無料カウンセリングで相談してみることをおすすめします!

パーソナルジムを探す

酵素ドリンクがあなたのダイエットをサポート!

ダイエットの成功にはバランスの良い食事と運動が必要ですが、酵素ドリンクを習慣化することでよりダイエット効果を高めることが期待できます。
ピュアネス酵素なら、空腹感を抑えたり代謝を上げる効果が期待できる上に、酵素ドリンクにはめずらしい程の飲みやすさです。



217種類の野菜から抽出した植物発酵エキスを配合!
「楽天市場」総合1位・ダイエットランキング部門1位など6冠獲得!
「力強さ」と「繊細さ」を黄金比でブレンドした2つの酵素!
徹底的に追及した味へのこだわり!
代謝に欠かせない補酵素を配合!
空腹感を補う味と配合成分!
肌質を作り出すコラーゲン配合!