運動前にはコーヒー!コーヒーダイエットとは?

食後に淹れるコーヒーの香ばしい匂いは、張り詰めた緊張をほぐして、ホッと一息の休息の時間を与えてくれます。 そんなコーヒーには、眠気防止や集中力を高めたり、体温が上がり過ぎないようにしたり、滋養強壮の栄養ドリンクに入っていたり様々な効能があります。 それだけでも、コーヒーを飲むには魅力が感じられるのですが、ダイエットにも好いとなると、ますますコーヒーを飲まずにはいられなくなります。ただ、コーヒーを飲めばいいというものではありません。それではどのように行うのか見ていきましょう。

コーヒーのダイエット効果

コーヒーを飲んでダイエットする。そんなオイシイ話があるんでしょうか? コーヒーの中には、カフェインをはじめクロロゲン酸などのポリフェノール、ナイアシンなどが含まれています。
・カフェイン:興奮、皮下脂肪燃焼、強心作用などがある ・クロロゲン酸:抗酸化作用、血糖値上昇抑制などがある ・ナイアシン:糖質・脂質・タンパク質の代謝に必要、欠乏で皮膚炎や口内炎など ・難消化性デキストリン:便秘予防、ダイエット効果など
これらの成分が含まれています。クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、体の錆びつきを抑えます。 血糖値の上昇を抑え、余ったエネルギーを脂肪として蓄えるのを抑えます。また、交感神経を刺激して代謝をあげます。 コーヒーには、リパーゼという脂肪を分解する酵素を活性化させ脂肪燃焼効果や、利用作用による、むくみ予防効果もあります。

コーヒーダイエットの方法

コーヒーダイエットは、普段の生活にコーヒーを取り入れるだけの簡単なダイエット方法です。 ただし、コーヒーダイエットだけでは、劇的に減量したり、体を引き締めたりすることはできません。他のダイエット方法と組み合わせて行うようにしてください。

飲み方

コーヒーダイエットを効果的に行うには、フィルターで濾したコーヒーが効果が高く、効率的にダイエットを行うことができますコーヒーを飲むときは、ブラックコーヒーで飲むようにします。 ブラックコーヒーが苦手な方は、ミルクを少し加えるようにすると、苦みが抑えられて飲みやすくなりますが、あまり加えすぎると脂肪分を摂り過ぎてしまう可能性があります。また、砂糖を加えると、カロリーが上がりダイエットコーヒーしているはずが、カロリーオーバーになることもあるので、気を付けます。 市販の缶コーヒーには、およそ8~12gの糖分があり、スティックシュガーにすると3~4本ほどにもなります。缶コーヒーに慣れてしまっていると、毎回それだけの砂糖を摂取していることになるので、数字で見るとどれだけ糖分を摂り過ぎているかがわかります。 ブラックの缶コーヒーでは砂糖は加えられていませんが、微糖・低糖などと書かれていても、スティックシュガー2~3本分の砂糖が入っていることがあります。家や喫茶店でそれだけの砂糖を入れて飲むことは、あまりないのではないでしょうか?缶コーヒーやペットボトル飲料は、かなりの糖分が含まれているので確認してみるといいと思います。

飲む量

コーヒーを飲む量は、何杯飲んでもいいというものではありません。カフェインは、胃を刺激し飲みすぎると荒らしてしまうことがあります。他にも、手の震えが出たり末端が冷えてしまったり、悪影響が出ることがあります。 そのため、1日に摂取する量は、5杯までに抑えるようにします。 お水やお茶代わりにガブガブ飲む飲み物ではないです。水分は、水分として別で補給するようにしましょう。必ず毎日毎食後飲む必要はなく、飲まない日があってもいいです。その日の体調や気分に合わせて飲むようにします。ストレスを感じてまで飲んでいては、元も子もありません。

飲むタイミング

コーヒーを飲むなら、食後に飲むか、運動の20~30分前に飲むようにします。脂肪燃焼効果は、摂取後20~30分ほどしてから効果が出てきます。そのため、脂肪燃焼をさせるためには、運動の20~30分前がいいです。

おすすめの豆

コーヒーと言っても、いろいろな豆によって味や風味があり、産地も違います。デカフェと呼ばれるカフェインが入っていないコーヒーもありますが、カフェインの作用がない分ダイエット効果は下がります。 デカフェは、カフェインが苦手な方や、カフェインを摂り過ぎてしまった日などに飲むといいでしょう。 一般的にコーヒー豆には、カフェインやクロロゲン酸は含まれていますので、気にしすぎる事はありません。 基本的には、好きな豆を選んで飲み、リラックスするのが一番です。

インスタントでもいいのか

インスタントでもカフェインやクロロゲン酸は含まれているので効果はありますが、ドリップしていれたほうが効果は高いです。 コーヒーを淹れるのは手間ですが、自分でコーヒーをドリップして淹れる時間を楽しむのもひとつです。淹れたてのコーヒーは、香りが空間を満たして、心地のいいリラックスをもたらしてくれるので、自分でコーヒーを淹れることをお勧めします。

コーヒーダイエットの注意点

カフェインは、一日の摂取量が多くなり過ぎないように気を付けます。(https://www.fsc.go.jp/sonota/factsheets/caffeine.pdf) 一位日の摂取量は、コーヒーで4~5杯くらいにとどめるようにします。 カフェインを摂取しすぎると、振えや動悸、興奮や頻尿などの症状が現れることがある。稀に死に至ることもあるので、たかがカフェインと侮ってはいけません。 眠気覚ましの医薬品では、カフェインが含まれていますが1回摂取量が200mg未満、1日摂取量が500mg未満とされている。 (http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/06/dl/s0626-11a-c_0005.pdf) カフェインは、栄養ドリンクや他の風邪薬などにも入っている場合があり、薬やコーヒー以外でもコーラや緑茶などに含まれているので、知らず知らずのうちに過剰摂取につながっている事があります。 カフェインダイエットをする際は、カフェインの摂り過ぎに注意し、体の不調がでればすぐに中断しましょう。

コーヒーでおいしくダイエット!

コーヒーダイエットは、コーヒーを嗜むことで精神的なリラックスを得て、日々のストレスから解放され、過緊張状態になった体の血流を改善することに意味があります。 そうなると、血流が改善され、筋肉への過剰な緊張状態が取れていきます。老廃物が代謝されることで、代謝が上がりダイエットを成功へ導いてくれます。 張り詰めた状態で、ダイエットをしなければいけないと考え過ぎていては、コーヒーを飲んでいてもリラックスもできず、焦燥感ばかりが先走ってしまいます。 まずは、リラックスすることが大事です。そのためには、コーヒーを飲むことを楽しんで、有意義な時間を作りましょう。

まとめ

カフェインダイエットは、コーヒーを飲むだけで痩せられるというものではありません。ダイエットのサポートとして、コーヒーを活用して日常を楽しくするイメージで飲むようにしましょう。 コーヒーに含まれるカフェインやクロロゲン酸は、代謝を上げ眠気を覚まし、リラックスなどをもたらしてくれる反面、胃の不快感や嘔吐、振え、動悸などが現われることがあります。 コーヒーは、飲みすぎると体に不調をもたらすこともあります。飲み過ぎには注意をして、適度に楽しくおいしくコーヒーを飲む時間を作っていってください。 https://fitlize.jp/314

パーソナルトレーニングジムでより効果的に痩せる!

パーソナルトレーニングジムなら、専属で指導にあたってくれるのでより成果が期待できます。ちょっと費用が、、、時間が、、、と悩む人もまずはお近くのパーソナルトレーニングジムを探して、無料カウンセリングで相談してみることをおすすめします! パーソナルジムを探す]]>

関連記事

  1. 見えないところもダイエット!背中痩せで見返り美人!

  2. 肥満を当たり前と思っていませんか?健康を損なう前に!!

  3. 【効果抜群】体の調子を整える野菜だけダイエット法とは 

  4. 空腹とはおさらば?長続きしやすいおからダイエットについて

  5. 太ももダイエットに成功する秘訣とは?短期間で美脚をGET!

  6. ケトン体ダイエットの効果って?糖質制限で痩せる仕組みを解説!

ジムの特徴から探す

ジムランキング(タイトル変更はウィジェット)

  1. 1位

    0729テストページ

  1. ハリウッドセレブも実践!レモネードダイエット

    2017.11.06

  2. 【銀座のパーソナルトレーニングジム徹底比較!】女性専用・返金保…

    2017.07.11

  3. 本当にあるの?ぜひ試してみたい1日で痩せる方法6選

    2017.07.06

  4. 【効果抜群】体の調子を整える野菜だけダイエット法とは 

    2017.07.03

  5. 【注目】成長期の高校生が無理なくダイエットするコツは?

    2017.06.29

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。