ソイプロテインを飲んでヘルシーにボディメークしてみませんか?効果と飲み方紹介

ソイプロテイン プロテインというものは、筋トレをガンガンやって、ムキムキのマッチョを目指す人が飲むものだと思っていませんか? プロテインは、健康的にダイエットをしてしなやかな身体を作りたいという人にとっても、とても効果のある食品なのです。 特に大豆を原料としたソイプロテインはそういう目的に最適です。 しなやかな筋肉をまとった、魅力的なボディを作りたいと思う人は、以下を読んでその可能性を検討してみてください。

そもそもプロテインとは?

タンパク質のこと

そもそもプロテインとは何かを知らない人も多いかもしれません。一部の人は、「筋肉増強剤」と誤解している人もいますが、プロテインはただの「食品」であり。言ってみれば「サプリメント」です。 そして原料はほぼ「タンパク質」です。そもそも、英語のプロテイン(protein)は日本語に訳すと、「タンパク質」なのです。 市販されているプロテインはタンパク質を主原料にしたサプリメントとほぼ言い切ってよいでしょう。

プロテインの種類とは

プロテインは、その原料によって大きく4つに分類されます。

ホエイプロテイン

牛乳を原料としています。これは消化・吸収速度が速く、筋トレ時に飲むのに適しています。

カゼインプロテイン

これも牛乳が原料です。ただし、ホエイプロテインよりも消化・吸収速度が遅く、長時間効果が続きます。

ソイプロテイン

大豆が原料です。これは、消化・吸収速度がゆっくりしており、原料の大豆には代謝機能を上げる効果もあるので、ダイエットに適しています。

エッグプロテイン

卵が原料です。牛乳などのアレルギーがある人が用いることが多いです。

ソイプロテインとは?

大豆からつくられたプロテイン

この4つの中の1つであるソイプロテインとは「ソイ」という通り、大豆を原料としたプロテインです。 その特徴をもう少し詳しくお伝えすると、ソイプロテインは、基本的な効果や組成はほかのプロテインと同じですが、大豆を原料にしてるために、筋肉をつける効果のほかに抗酸化作用やコレステロールを抑える効果、ホルモンバランスを整える効果など、女性にとってうれしい効果をたくさん持っています。

植物性なのでヘルシー

また大豆が原料ということは、そのタンパク質は植物性ということなので、動物性のものに比べて、コレステロールや脂質が少なく、ヘルシーなのも、うれしいところです。

吸収がゆっくりなのが特徴

ソイプロテインは、ほかのものと違って消化・吸収の速度が遅いのが特徴です。その分、じっくりと効果が持続します。そういう意味では、傷ついた筋肉を再生させるようなムキムキの筋肉を作る目的よりは、しなやかな筋肉をゆっくりと作っていくほうに向いています。 また、効率よく脂肪を燃焼させるダイエット効果なども確認されています。

ソイプロテインを飲む効果って?

良質な筋肉をつけられる

「良質な」という言葉の定義にもよりますが、それが細くてもしなやかで強い筋肉、という意味であれば、まさにソイプロテインはその目的にもっとも効果を発揮します。 吸収が速いプロテインは運動で傷ついた筋肉を修復する力が優れている代わりにどうしても筋肉を硬く作ってしまいますが、ソイプロテインのように吸収が遅いものは、修復というよりは、新たにじっくりと筋肉を作っていく効果のほうが高いので、よりしなやかな筋肉を作れるのです。

運動と組み合わせてダイエット効果も

また、ソイプロテインはタンパク質の含有量に対して、非常に低カロリーなので、食事の代わりにソイプロテインを置き換えて、ダイエット効果を出すことも可能です。 特に、無酸素運動と有酸素運動を組み合わせて、ゆっくりと筋肉に負荷をかけるようにすれば、かなりのダイエット効果が期待できます。 さらには、ソイプロテインはゆっくり吸収されるため腹持ちがよく満腹感も得られやすいため、その点でもダイエット効果を上げやすいプロテインだといえます。 関連記事 https://fitlize.jp/869 https://fitlize.jp/848 https://fitlize.jp/407  

更年期障害にも効果てきめん

ソイプロテインの原料である大豆には、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが含まれています。そのため、女性ホルモンの分泌量が減ることによって発症する更年期障害の症状を軽くする効果もかなり期待できます。

骨粗鬆症の予防

特に年齢を重ねると、食が細くなり、肉や魚などからのタンパク質をとらなくなっていく傾向があります。そうなると、体力が低下し、骨粗鬆症にもなりやすくなってしまいます。 その不足しがちなタンパク質をソイプロテインによって補うことで、骨粗鬆症の予防になるのです。

生活習慣病の予防

プロテインというと若い人のサプリメントという感じもありますが、むしろ、中高年の人にもふさわしい食品です。 その理由としては、実は高齢者でもタンパク質の消費量は、若い人と比べてあまり変わらないからです。たとえば50歳以上の男性でも、1日に約65gのタンパク質が必要だという指標があります。同じ体格であれば、これは若い人とほぼ同じです。 しかし、一方で、加齢ととも過食や偏食、アルコールや運動不足などの生活習慣の積み重ねで、生活習慣病になるリスクは上がっていきます。その予防に、上質なタンパク質としてプロテインをとることは、そのような生活習慣病の予防にもなるのです。 たとえば高血圧気味の人には、カロリーカットの必要がある反面、必要な栄養素はしっかりとる必要があります。こういう時に、食事制限をしながらプロテインを飲めば、カロリーを抑えながら必要な栄養素をとって高血圧対策ができるのです。

美肌効果

ソイプロテインの原料である大豆に含まれている「イソフラボン」には、更年期障害の改善だけではなく、肌の新陳代謝を活発にしたり肌のハリを保つなど美肌効果もあります。イソフラボンを主原料にした化粧品も出ているくらいです。

薄毛対策にも有効

男性ホルモンの過剰分泌が原因とされている薄毛を防いでくれる効果もソイプロテインにはあります。これは、大豆のイソフラボンが女性ホルモンに似た働きをしてくれて、過剰な男性ホルモンを正常な状態に戻してくれるからです。

ソイプロテインの飲み方は?

それではこのソイプロテインをいつ、どのように飲めばよいのでしょうか?

水または牛乳に溶かして飲む

基本の飲み方は、ソイプロテインの1食分を、牛乳や水などに溶かしてとります。1日の飲む量としては、体重1kgにつき1gなので、40kgであれば40gがベストです。 ただし飲みすぎると肝臓や腎臓に負担をかけるので注意してください。

タイミングは運動後がベスト

飲むタイミングは、運動後45分以内がベストです。運動後は傷ついた筋肉が修復するために栄養補給が必要なので、そこへタンパク質を供給するためです。

空腹時のおやつとしても○

カタボリックという、「身体に必要な栄養が不足しているときに、それを補うために身体が自分の筋肉などを分解してエネルギーに変えていく状態」があります。 空腹時はまさにこの状態で、どんどん筋肉は細くなっていています。ですので、空腹時には栄養分を身体に入れることが必要なのですが、高カロリーなものだと肥満につながるので、低カロリーでエネルギー源となるプロテインをおやつに食べるのがベストです。

ソイプロテインのおすすめ5選

それではそのようなソイプロテインのうち、おすすめの商品を5つご紹介します。

大豆プロテイン

大豆プロテイン 1kg 無添加 飲みやすい大豆プロテイン

大豆臭を抑え、溶けやすくしたソイプロテインで、飲みやすいです。砂糖や人工甘味料も入れていないので、カロリー管理されている人や人工甘味料を気にされる人に特におすすめです。

Now Foodsのプロテイン

ソイプロテインアイソレート 1ポンド (海外直送品)

Now ソイプロテイン(高精製タイプ)は一般的な大豆プロテインをさらに精製し、香料も甘味料も加えていない高純度のプロテインです。純度の高い上質なタンパク質を求める人には最適です。その点、NOW ソイプロテイン(高精製タイプ)は成分のうち80%以上がタンパク質という高濃度で、脂肪が少なく、炭水化物もほぼゼロです。ダイエット中の人にもいいでしょう。

サバスソイプロテイン

ザバス ソイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

プロテインのシェアNO.1ブランド「SAVAS(ザバス)」が販売しているソイプロテインです。その数あるソイプロテインのラインナップ中でも一番人気なのが「ソイプロテイン100」です。大豆タンパク質のほか、7種類のビタミンB群やビタミンCなど、不足しがちな栄養素をしっかりとれるため、置き換えプロテインダイエットにも最適です。1番売れているプロテインなので結構「激安」コーナーにも陳列してあったりします。よく探して買ってみましょう。

ケンタイソイプロテイン

Kentai ウェイトダウン ソイプロテイン ココア風味 350g

分離大豆たんぱくを使用したソイプロテインです。体内で合成できない9種の必須アミノ酸をすべて配合しているので、筋肉をしっかり作りたい人にとって最適なソイプロテインです。また、ビタミン・ミネラルも配合し、砂糖不使用のため、しなやかでタフな身体づくりを目指すアスリートからダイエットが気になる人まで幅広く利用できる商品です。

スーパーフードプロテイン

Natural Healthy Standard スーパーフードプロテイン(アサイーストロベリー風味)225g

ソイプロテインに3つのスーパーフードを配合したプロテインです。アントシアニンを多く含むマキベリー、ポリフェノールを多く含むカカオ、赤ワインの30倍以上のポリフェノール含有のアサイーなど、女性にうれしい成分をたっぷり配合したマルチな効果の期待できるプロテインです。 また5選に入れませでしたが、540ソイプロテイン改という商品もおすすめです。これは、540プロジェクトとよばれる志ある方が共同購入という形で質の良いプロテインをより安く提供しているものです。アルギニンを始めて、必須アミノ酸をしっかりと配合しているので、バランスよくダイエットすることができます。

運動をしよう!

ここまでソイプロテインの効果と飲み方について紹介してきましたが、いくら低カロリーだからと言って、運動をしないでプロテインを過剰に飲んだら、やはり太ります。ソイプロテインのダイエット効果、筋肉肥大効果をしっかりと引き出すには、やはりそれと合わあせて、運動もきちんと行うことが大切です。 そのためには、無酸素運動を有酸素運動を組み合わせて、効果的な運動をするようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか? プロテインの中でも、ダイエット系の目的に非常に適したのがソイプロテインだということがお分かりいただけましたでしょうか? もちろん最後に書いたように運動とセットで取り組むことが大切ですが、それとあわせてソイプロテインをうまく飲んでもらえれば、しなやかで強い筋肉をまとった、魅力的なボディを手に入れられるはずです。 ぜひ今日から挑戦してみてください。

パーソナルトレーニングジムでより効果的に痩せる!

パーソナルトレーニングジムなら、専属で指導にあたってくれるのでより成果が期待できます。ちょっと費用が、、、時間が、、、と悩む人もまずはお近くのパーソナルトレーニングジムを探して、無料カウンセリングで相談してみることをおすすめします! パーソナルジムを探す]]>

関連記事

  1. 割れた腹筋を手に入れる!腹筋トレーニング方法の基礎の基礎!

  2. 筋トレのメニューの組み方を大公開!一週間コレで鍛えよう!

  3. 細く引き締まった体を手に入れたい!自宅でできる女性のための筋トレ方法紹介

  4. え、生理とダイエットに関係が?つらい生理も格好のダイエット機会!

  5. 【プロテイン徹底解説】低カロリー高タンパクのプロテインは、筋トレにもダイエットにも最適!

  6. 筋トレは太る?しなやかな体を手に入れるには

ジムの特徴から探す

ジムランキング(タイトル変更はウィジェット)

  1. 1位

    0729テストページ

  1. ハリウッドセレブも実践!レモネードダイエット

    2017.11.06

  2. 【銀座のパーソナルトレーニングジム徹底比較!】女性専用・返金保…

    2017.07.11

  3. 本当にあるの?ぜひ試してみたい1日で痩せる方法6選

    2017.07.06

  4. 【効果抜群】体の調子を整える野菜だけダイエット法とは 

    2017.07.03

  5. 【注目】成長期の高校生が無理なくダイエットするコツは?

    2017.06.29

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。