ケトン体ダイエットの効果って?糖質制限で痩せる仕組みを解説!

ケトン体ダイエット ケトン体は、あまりダイエットでは聞きなれない言葉ですが、糖尿病の方は耳にしたことがあるかもしれません。 人間にとって、糖質は貴重なエネルギー源であり、すばやく体のエネルギーとして吸収されますが、余った糖質は、緊急時に備えて体の中に蓄えられます。 現在では、糖質は様々な食品や調味料に含まれていて、大量に消費されています。しかし、本来貴重であったはずの糖質を安易に大量に摂取している事で、肥満や糖尿病などの弊害を生み出しています。 そのため、ケトン体ダイエットは、摂取しすぎている糖質を制限することで、インスリンの働きを整え糖質の代謝を正常な状態に戻してあげるダイエットになります。

ケトン体ダイエットとは

ケトン体ダイエットは、アトキンスダイエットとも呼ばれることがあります。アメリカのロバートアトキンス医師によって考案されたダイエット法です。 糖質(炭水化物)と脂質に大きくかかわってくるのがケトン体です。糖質を制限することで、脂質が糖質に代わってエネルギーとして代謝されます。このとき、脂質が分解されて出てくるのがケトン体です。ケトン体は、脂肪酸を分解する過程で生成されるアセトン、アセト酢酸、3-ヒドロキシ酪酸を含めた総称です。

糖の代わりに体脂肪をエネルギー源にしたダイエット

糖質の摂取を極端に減らすことでエネルギーとしての糖質の代わりに、体脂肪をエネルギー源にして脂肪燃焼させるダイエットとして、ケトン体ダイエットは、出てきました。しかし、似たダイエット法として、低炭水化物ダイエット・糖質制限ダイエットなどがあります。 ケトン体ダイエットは、他のダイエット法よりも糖質の制限が厳しく、ストイックなダイエット法になります。短期間に絞って行うので、長期間のダイエットに失敗したなら、短期戦のケトン体ダイエットに挑戦してみるのも一つです。

体脂肪の燃えカス「ケトン体」

糖質が制限されると、体の中でエネルギー不足になり、次にエネルギー源として選択されるのが脂質です。この時、脂肪酸を肝臓で分解してエネルギーに変換していく工程で「ケトン体」が生成されます。 ケトン体は、グルコースと同様に脳関門(脳を守るために脳へ通過できる物質を選択する)を通過して、脳へのエネルギーにもなります。脳関門を通過する物質は限られているため、エネルギーになる成分も限られています。ケトン体は数少ない、脳へのエネルギー源となるのです。

ケトン体ダイエットのやり方

ケトン体ダイエットは、2週間炭水化物をほとんど摂らないようにします。 通常1日の摂取カロリーの50%ほど(200~300g)摂取目標とする炭水化物(厚生労働省)を1日の摂取カロリーの5%程(20g~40g)に抑えます。その後、少しづつ糖質を増やしていきます。約10分の1に抑えるのですから、かなり厳しい糖質制限になります。 糖質は、ごはんや砂糖などだけではなく、みりんやソースなどの調味料に含まれているものもあるので注意が必要です。 ケトン体ダイエットでは、炭水化物だけでなく、カフェインも制限するので、コーヒーや紅茶、緑茶なども摂取しないようにします。 2週間ほどで目標体重に行けば、糖質を少しずつ摂取していきます。急に糖質を増やすと、体への負担も大きくなります。

ケトン体ダイエットの効果とは?

短い2週間という期間なので、見違えるほど痩せるということではありません。急激に体重が落ちるのは、体に負担が大きくなってしまいます。しかし、他のダイエット法に比べると脂肪をエネルギー源として燃焼させますので、体脂肪を減らしインシュリンの分泌を抑えます。

ケトン体ダイエットにはココナッツが有効!

ケトン体ダイエットを行う上で、食事には最善の注意を払います。糖質を制限するのはもちろんですが、摂取したい食品としてココナッツがあります。 なぜココナッツかというと、ココナッツに含まれる中鎖脂肪酸は、肝臓で代謝されやすく、エネルギーになりやすいからです。 糖質が減って脳へのエネルギーが行われなくなったとき、一時的に低血糖になり、頭痛や吐き気、ぼんやりするなどの症状を起すことがありますが、ココナッツに含まれる中鎖脂肪酸によってケトン体が素早く生成されることで、エネルギーとして利用されそれらの症状の発現を抑えることができます。 ココナッツやココナッツオイルは、積極的に摂取していきたい食材になります。

ケトン体ダイエットでは臭いに注意?!

ケトン体ダイエットだけでなく、食事制限を行った時にでる「ダイエット臭」といわれる、独特の臭いを発することがあります。 臭いは、自分では気づきにくく、いつの間にか周りから避けられてる存在になっていてることもあります。 食事制限だけを行い、飢餓状態を作ることで、代謝が下がりケトン体が増えることにより臭いがします。食事制限とともに運動を行い、基礎代謝を上げることで、ダイエット臭も抑えることができます。

独特の臭い「ケトン臭」

独特の臭いの正体は、ケトン臭です。ケトン臭とは、体の中にケトン体のアセトンが増えることによって、ケトーシスと呼ばれる状態になります。 このアセトンが臭いのもとになり、甘酸っぱい臭いとなって、口臭や体臭となって発せられます。また、尿の臭いも変化しますので、ダイエット中は普段の尿の色や臭いには注意が必要です。 ダイエット中は、食事制限などによって普段の食事が変化することによって、胃腸の不調を訴える方もいらっしゃいます。胃腸の不調は、口臭になって現われることもあります。 臭いは、自分では気づきにくいので、周囲から注意されて初めて気づくことも多く、普段から臭いには敏感になって自分の健康状態を知っておくことが大事です。

ケトン体ダイエットの危険性とは

栄養バランスが崩れた状態が長期間続くとケトン体が増えすぎてケトアシドーシスとなり、体内がケトン体によって酸性に傾いてしまいます。ケトン体は、グルコースの代わりとしてエネルギーとなりますが、糖質が不足したり、糖尿病などで細胞に取り込めない際の、緊急措置として使用されます。 ケトン体が長い間体内に増えた状態が続く事は、体内に悪影響を及ぼします。 細胞は、弱アルカリ性で正常に活動するようになっています。酸性に傾くことで、細胞が傷つき体中に異変が現われる原因になります。

やりすぎにより昏睡、意識障害になることも

体内が酸性に傾くと、細胞が傷つき意識障害や昏睡に陥ることもあります。そうなる前に、口臭や体臭、そのほか体に異常を感じたら、すぐにお医者さんに行って、診てもらう必要があります。 ケトアシドーシスは、ダイエットだけでなく糖尿病からくる糖尿病性ケトアシドーシスやペットボトル飲料の甘い飲料を飲みすぎて起こるペットボトル症候群にも見られます。 せっかくのダイエットも、病院に運ばれるくらいまで自分を追い込んでは、元も子もありません。体調管理ができてこその、ダイエットです。 ただ、糖質を抜けばいいと安易に始めてしまうと、取り返しのつかないことになってしまいます。体の異常が現われた時には、無理をして続けないようにします。]]>

関連記事

  1. とにかく早く痩せたい!という人に。短期間ダイエット10選!

  2. 簡単に腰回りをキュッ引き締める!ダイエット方法3選!

  3. 短期集中で痩せる!ダラダラダイエットはやめましょう

  4. セルライトは放っておくとどんどん増える!早めになくす方法とは?

  5. 仲良しの友人が太らないのはなぜ?食べても痩せる10の秘密

  6. カロリー制限の基本を抑えよう!カロリー制限でダイエット

ジムの特徴から探す

ジムランキング(タイトル変更はウィジェット)

  1. 1位

    0729テストページ

  1. ハリウッドセレブも実践!レモネードダイエット

    2017.11.06

  2. 【銀座のパーソナルトレーニングジム徹底比較!】女性専用・返金保…

    2017.07.11

  3. 本当にあるの?ぜひ試してみたい1日で痩せる方法6選

    2017.07.06

  4. 【効果抜群】体の調子を整える野菜だけダイエット法とは 

    2017.07.03

  5. 【注目】成長期の高校生が無理なくダイエットするコツは?

    2017.06.29

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。